古代 雅楽・古代歌謡 B もっと知りたい人に


越天楽とその歌謡(レコード)

エテンラクトソノカヨウ

平野健次(監修)

出版社東芝EMI制作出版年1980

音例付き研究論文風。理論の解説や、種目を超えた影響関係を示す。

雅楽 : 宮内庁式部職楽部 : 重要無形文化財(DVD・VHS)

ガガク : クナイチョウシキブショクガクブ :ジュウヨウムケイブンカザイ

下中記念財団(企画・製作)

出版社 下中記念財団出版年2007

全曲種の代表曲を網羅した大全集。最新の研究を反映した解説書(日本語・英語)。全10巻。

お茶大OPACCiNii Books

雅楽 : 宮内庁式部職楽部(DVD)

ガガク:クナイチョウ

柘植元一

出版社財団法人下中記念財団出版年2007

雅楽伝承の規範となる宮内庁式部職に伝承られる雅楽を紹介。

雅楽 : 古楽譜の解読(東洋音楽選書)

ガガク : コガクフノカイドク

林謙三

出版社 音楽之友社出版年1969

雅楽の古楽譜の解読研究の基礎を築いた学術書。

お茶大OPACCiNii Books

雅楽の「近代」と「現代」 : 継承・普及・創造の軌跡

ガガク ノ キンダイ ト ゲンダイ : ケイショウ フキュウ ソウゾウ ノ キセキ

寺内直子

出版社岩波書店出版年2010

五線譜化を始めとする近代以降の雅楽のさまざまな試みを作品分析を交えて考察。

お茶大OPACCiNii Books

雅楽を知る事典

ガガク オ シル ジテン

遠藤徹

出版社東京堂書店出版年2013

雅楽の起源、歴史、種類、理論と思想、場(宮廷儀礼、遊び、仏教、神社)にわけて、説明され、人名と曲名の小辞典が付く。研究者の視点から書かれている点に特徴がある。

お茶大OPACCiNii Books

楽家録

ガッカロク

安倍季尚(撰)〔正宗敦夫(編纂校訂)〕

出版社 現代思潮社出版年1977 / 1690

江戸時代に著された大部の雅楽百科全書。三大楽書のひとつ。翻刻有り。50巻。

1977:お茶大OPACCiNii Books 1690:お茶大OPACCiNii Books

教訓抄

キョウクンショウ

狛近真(著)〔山田孝雄(校訂)、正宗敦夫(編纂校訂)〕

出版社 現代思潮社出版年2007 / 1233

最古の総合的な雅楽書。三大楽書のひとつ。日本思想大系にも翻刻あり。10巻10冊。

2007:お茶大OPACCiNii Books 1233:お茶大OPACCiNii Books

五線譜による雅楽総譜

ゴセンフニヨルガガクソウフ

芝祐泰(編)

出版社 カワイ楽譜出版年1968-1972

筆者の研究成果を反映した雅楽の総レパートリーの五線譜による大集成。全4巻1500頁余。

お茶大OPACCiNii Books

古代歌謡集(日本古典文学大系3)

コダイカヨウシュウ

土橋寛、小西甚一(校注)

出版社 岩波書店出版年1957

記紀歌謡や国風歌舞の歌詞集成。原文、書き下し、頭注、校異の記載は詳密。

お茶大OPACCiNii Books

古代中世芸術論(日本思想大系23)

コダイチュウセイゲイジュツロン

林屋辰三郎(校注)

出版社 岩波書店出版年1973

『教訓抄』『洛陽田楽記』等収録。解説は入門概説としても役立つ。

お茶大OPACCiNii Books

正倉院楽器の研究

ショウソウインガッキノケンキュウ

林謙三

出版社風間書房出版年1964

正倉院楽器に関する基礎的研究

お茶大OPACCiNii Books

体源抄

タイゲンショウ

豊原統秋(著)、正宗敦夫(編纂校訂)

出版社 現代思潮社出版年1978 / 1551撰述

雅楽衰微を危惧して記された総合的な雅楽書。三大楽書のひとつ。

1978:お茶大OPACCiNii Books 1551撰述:

日本古代音楽史論

ニホンコダイオンガクシロン

荻美津夫

出版社吉川弘文館出版年1977

お茶大OPACCiNii Books

明治国家と雅楽 : 伝統の近代化/国楽の創成

メイジ コッカ ト ガガク : デントウ ノ キンダイカ コクガク ノ ソウセイ

塚原康子

出版社有志舎出版年2009

雅楽が、明治国家とのかかわりの中で経験した変化とその影響を検証し、近代日本音楽の生成過程の一局面を明らかにする。

お茶大OPACCiNii Books

明治撰定雅楽譜

メイジセンテイガガクフ

東儀和太郎(編)

出版社小野雅楽会出版年1977-1978

明治期に各楽家に伝わる伝承を整理統合して作られた雅楽の楽譜を出版したもの。


目次