総合 日本音楽一般 C 本格的に学びたい人に


群書類従

グンショルイジュウ

塙保己一(編)

出版社 大空社 出版年1997 / 1819

類別国書集成。530巻目録1巻。(1997年はCD-ROM版)

1997:お茶大OPACCiNii Books 1819:お茶大OPACCiNii Books

古事類苑

コジルイエン

神宮司丁(編)

出版社 吉川弘文館出版年1981-1985 / 1896-1914

明治以前の史料に記されている記事を再編収録した歴史百科全書。

1981-1985:お茶大OPACCiNii Books 1896-1914:お茶大OPACCiNii Books

三味線声曲における旋律型の研究(東洋音楽研究47-2)

シャミセンセイキョクニオケルノセンリツケイノケンキュウ

町田嘉章

出版社東洋音楽研究出版年1982

『東洋音楽研究』47号第2分冊に収録。本冊はこの論文のみ。

お茶大OPACCiNii Books

三味線音楽の旋律型研究 : 町田佳聲をめぐって (京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター研究報告9)

シャミセン オンガク ノ センリツガタ ケンキュウ : マチダ カショウ オ メグッテ

山田智恵子、大久保真利子(編)

出版社京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター出版年2015

『三味線声曲における旋律型の研究(東洋音楽研究47-2)』の詳細な分析と、三味線音楽に関する論文集。

お茶大OPACCiNii Books

続群書類従

ゾク グンショルイジュウ

塙保己一(編)、太田藤四郎(補)

出版社 続群書類従完成会出版年1902-1928

類別国書集成。

お茶大OPACCiNii Books

弾物のさだめ

ヒキモノノサダメ

藤井高尚

出版社出版年1808 / 2002

翻刻と校訂:蒲生郷昭他、2002年、邦楽社。国学者による日本の弦楽器論。

1808:お茶大OPACCiNii Books 2002:お茶大OPACCiNii Books

What the doctor overheard Dr. Leopold Muller’s account of music in early Meiji Japan.

ミュラーによる明治期の日本音楽論

Markam,Elizabeth、Terauchi,Naoko、Wolpert,Rembrandt(translated,edited,withprefacesandapostfaceby)

出版社 Cornell University出版年2017

(明治初期に東京大学医学部で教えたミュラーによる日本音楽論とその英訳、解説。

お茶大OPACCiNii Books

Safeguarding the heart’s home town; Japanese folk song as intangible cultural heritage

Hughes,DavidW.

出版社 Routledge出版年2019

Norton, Barley; Matsumoto, Naomi (eds.) Music as heritage: historical and ethnographic perspectives. 144-167頁に所収の論文。

お茶大OPACCiNii Books

The oral and the literate in music

音楽における口頭性と書記性

YosihikoTOKUMARU、OsamuYAMAGUTI

出版社 Academia Music出版年1986

1985年のICTM第3コロキウムの報告書。口頭伝承・記譜法の問題が広く論じられている。

お茶大OPACCiNii Books

Vom Charakter der japanischen Musik

日本音楽の性格

KIKKAWA,Eishi、RUDOLPH,Petra、REESE,Heinz-Dieter、GUNTHER,Robert

出版社 Florian Noetzel(1984年: Barenreiter)出版年2004 / 1984

吉川英史『日本音楽の性格』の独訳。

2004:お茶大OPACCiNii Books 1984:お茶大OPACCiNii Books

目次