タイトル
書名一覧を表示するには、JavaScriptをONにして下さい。
もしくは、こちらのページから書名を選択して下さい。
thumbnail image
比較日本学教育研究部門研究年報
Comparative Japanese Studies Annual Bulletin
発行:お茶の水女子大学グローバルリーダーシップ研究所比較日本学教育研究部門

第14巻(2018)~

第16巻 (2020-3-25)

p.1-2 目次
Index
p.3-4 巻頭言
Foreword
古瀬 奈津子
《第21回国際日本学シンポジウム》 グローバル・ヒストリーと国際日本学
p.5-5
p.6-7 【総括】
The proceedings of the 21st Symposium on Global Perspectives in Japanese Studies “Global History and Comparative Japanese Studies”
小玉 亮子
p.8-14 日本史は世界史の中にどう位置づけられるのか? ―グローバルヒストリーの枠組みから見た日本の律令国家―
What Can Japan’s History Contribute to World History?: Japan’s Ritsuryô Kingship in the Global History of Kingship
ジョーン・ピジョー
p.15-16 羽田正先生基調講演「グローバルヒストリーと日本史」【概要】
Global History and History of Japan (HANEDA Masashi)
加藤 絵里子
p.17-18 東アジアにおける王権の古代から中世へ
Kingship in East Asia: From Ancient to Medieval Times
古瀬 奈津子
p.19-20 ハンセン病対策のグローバル化
The Globalization of Hansen’s Disease Policy
芹澤 良子
p.21-22 日本人の海外移住と日本語教育支援政策 ―応用言語学とグローバル・ヒストリーの接点を探る―
Japanese overseas migration and Japanese language education policy: What can applied linguistics contribute to global history?
本林 響子
《第14回 国際日本学コンソーシアム》グローバル化と日本学Ⅱ
p.23-23
◆日本文学部会
p.24-24 泉鏡花「黒百合」再考
A Reconsideration of Izumi Kyoka’s “kuroyuri”
羅 小如
p.25-31 日本古代における女性の恋愛観 ―『萬葉集』の女性歌人を中心に―
Ancient Japanese Women’s Attitudes towards Love: Concerning on Female Poets In Manyoshu
時 新昊
p.32-36 『奥の細道』における歌枕の描写とその有無についての考察
An inquiry into the portrayal and presence of utamakura in Oku no Hosomichi
ヴォザーバル・マテイ
p.37-44 化政期以降の江戸詩壇 ―岡本花亭を中心に―
The Poetry Society after the Period of Kasei in the Edo Era: Research Focusing on Okamoto Katei
朱 秋而
p.45-50 『深い河』 ― 遠藤周作の再発見
“Deep River”- Rediscovering Shūsaku Endō
ヴェベル・ミハエル
p.51-56 真杉静枝と温又柔の比較研究の試み ―グローバル化を視座にして―
An Attempt of Comparative Study on Shizue Masugi and Yourou Wen: Based on the Viewpoint of Globalization
范 淑文
p.57-59 日本文学部会【概要】
Summary
大村 咲希
◆日本文化部会
p.60-64 平安時代の教育史を考え直す ―藤原頼長の学問について―
Reconsidering Educational History of the Heian Period: The Scholarship of Fujiwara no Yorinaga
ジリアン・バーント
p.65-70 Relations with warriors and their meaning as depicted in sources related to Shimai Sōshitsu (1539-1615) ―島井宗室(1539-1615)に関する史料に見える武士との関係とその意味―
Relations with warriors and their meaning as depicted in sources related to Shimai Sōshitsu (1539-1615)
グレン・イェンジェイ
p.71-77 近世後期の江戸における武家の養子と身分 ―滝沢馬琴を事例に―
Adoption and Status in Samurai Families based in the second half of Early-Modern Japan: the example of Takizawa Bakin
世川 祐多
p.78-85 東京女子高等師範学校における天体暦計算動員の概要と背景
The Student Mobilization for Astronomical Calculations at Tokyo Women’s Normal School
馬場 幸栄
p.86-90 都市祭礼と神事としての佐原の大祭 ―変貌する町とイベント―
Sawara Grand Festival as an urban festival and a religious ceremony: The changing town and the event
トゥロフスカ・アグニェシカ
p.91-96 グローバル化時代の日本学研究 ―中国の日本文化研究を中心に―
Japanese studies in the era of globalization: Focusing on the study of Japanese culture in China
潘 蕾
p.97-99 日本文化部会【概要】
Summary
原 基香
◆日本語・日本語教育学部会
p.100-105 美容誌における外来語の特徴
Characteristic of foreign words in beauty magazines
クルボノヴァ・ムニラ
p.106-112 日中数量類別詞の範疇化機能の対照研究 ―日本語の「粒」を中心に―
A comparative study on the categorization function of numeral classifiers in Chinese and Japanese: Focusing on the word Tsubu in Japanese
李 月明
p.113-119 口頭産出と作文産出における主題化の違い ―I-JAS におけるST・SWを対象に―
Differences in topicalization between speaking task and writing task
伊藤 聖子
p.120-128 The notion of “language worldview” as a tool in effective acquisition of Japanese horizontal honorifics (teineigo) to adult Polish language native speakers
The notion of “language worldview” as a tool in effective acquisition of Japanese horizontal honorifics (teineigo) to adult Polish language native speakers
Marta TROJANOWSKA
p.129-134 グローバルな認識とローカルな実践 ―フランスの日本語教育の視点から―
Global ideas and local practices: perspectives of Japanese teaching in France
大島 弘子
p.135-136 日本語・日本語教育学部会【概要】
Summary
池田 來未, チッターラーラック・チャニカー
《研究論文》
p.138-153 邦楽家による植民地台湾への演奏旅行 ―尺八・地歌箏曲を中心に―
Concert tours of Japanese traditional musicians to colonial Taiwan focusing on shakuhachi, koto and jiuta music
福田 千絵
p.154-170 《比較日本学教育研究部門活動報告》※p.154-170を1PDFファイルで公開
p.154-156 部門活動報告
p.157-164 研究プロジェクト活動報告
p.165-166 投稿規定
p.167 22回国際日本学シンポジウムのお知らせ
p.168 バックナンバーのご案内
p.169 編集委員より