? 『高嶺遺稿』印度哲学(吉谷覚壽口授・天台四教儀)翻刻|お茶の水女子大学 E-bookサービス

お茶大 E-bookサービス

読者の方へ
著作公開について
リンクバナー

E-bookへのリンクについて

E-bookへのリンクの際にバナーが必要な方はこちらをご利用ください。

タイトル
HOME >『高嶺遺稿』印度哲学(吉谷覚壽口授・天台四教儀)翻刻|お茶の水女子大学
Book List
『高嶺遺稿』印度哲学(吉谷覚壽口授・天台四教儀)翻刻
鈴木 朋子 著
ISBN:978-4-904793-25-1
2019.09

オンデマンド出版
thumbnail image
高嶺三吉(文久2年(1861)-明治20年(1887))が明治19年度に帝国大学で受講したインド哲学(仏教学)の講義内容を筆記したノートを翻刻。高嶺の略歴、講師を務めた吉谷覚寿(天保14年(1843)-大正3年(1914))の略歴と講師着任の経緯及び講義の目的と方法について解説を加えた。※ノートの所蔵館:金沢大学附属図書館

目次

通常の閲覧以外の利用については、お茶の水女子大学附属図書館にお問い合わせください。
Copyright of this work is retained by the author.
If you wish to use this material for purposes other than reading, please contact Ochanomizu University Library.


『高嶺遺稿』印度哲学(吉谷覚壽口授・天台四教儀)翻刻

ISBN:978-4-904793-25-1

一括ダウンロード(819KB)

標題紙、目次

ダウンロード

p.i-iv
はじめに

ダウンロード

p.1-2
第一義~ 第三四義

ダウンロード

p.5-29
巻二 第三五義~ 第六二義

ダウンロード

p.30-51
巻三 第六三義~ 第八二義

ダウンロード

p.52-67
解説
一 高嶺三吉略歴

ダウンロード

p.69
二 吉谷覚寿略歴

ダウンロード

p.70
三 吉谷覚寿の印度学講師着任の経緯

ダウンロード

p.71
四 『天台四教儀』の講義目的と方法

ダウンロード

p.72-73
参考文献

ダウンロード

p.74

  • このエントリーをはてなブックマークに追加