お茶大 E-bookサービス

読者の方へ
著作公開について
リンクバナー

E-bookへのリンクについて

E-bookへのリンクの際にバナーが必要な方はこちらをご利用ください。

タイトル
HOME >平安時代書写 和漢朗詠集 諸伝本の研究|お茶の水女子大学
Book List
平安時代書写 和漢朗詠集 諸伝本の研究
山本 まり子 著
ISBN:978-4-904793-23-7
2017.08

オンデマンド出版(準備中)
thumbnail image
現存する平安時代の書写とされる『和漢朗詠集』諸伝本の数はいわゆる完本に古筆切(断簡)を合わせると30余種に上る。そのうちの主要なものを取り上げ、書と本文の両面から伝本の関係、伝本間の諸問題等について検討を行った。伝本の系譜に関する基礎的研究。

目次

本著作の著作権は著者が保持しています。
通常の閲覧以外の利用については、お茶の水女子大学附属図書館にお問い合わせください。


平安時代書写 和漢朗詠集 諸伝本の研究
p.114欄外に不要な文字が表示されていたため、該当頁を差し替えました。(2017.9.7)

ISBN:978-4-904793-23-7

一括ダウンロード(16.3MB) PDF閲覧

表紙、標題紙、目次、はじめに

ダウンロード

PDF閲覧p.i-iv,1-5
第一章
第一節 雲紙本と関戸本との関係(一)

ダウンロード

PDF閲覧p.8-22
第二節 雲紙本と関戸本との関係(二)

ダウンロード

PDF閲覧p.23-46
第三節 雲紙本に見られる別筆

ダウンロード

PDF閲覧p.47-60
第二章
第一節 伊予切の書に関する一考察

ダウンロード

PDF閲覧p.62-80
第二節 伊予切の書 -粘葉本との関係-(一)

ダウンロード

PDF閲覧p.81-105
第三節 伊予切の書 -粘葉本との関係-(二)

ダウンロード

PDF閲覧p.106-124
第四節 近衛本の性格 -粘葉本・伊予切との関係を中心に-

ダウンロード

PDF閲覧p.125-146
第五節 伊予切の性格 -粘葉本との関係を中心に-

ダウンロード

PDF閲覧p.147-168
第六節 雲紙本・関戸本と粘葉本・伊予切との関係 -形態面を中心に-

ダウンロード

PDF閲覧p.169-195
第三章
第一節 安宅切の位置

ダウンロード

PDF閲覧p.198-217
第二節 巻子本の位置

ダウンロード

PDF閲覧p.218-237
第三節 葦手本の位置

ダウンロード

PDF閲覧p.238-258
第四節 戊辰切の位置

ダウンロード

PDF閲覧p.259-274
第五節 葦手本と戊辰切巻上の書

ダウンロード

PDF閲覧p.275-297
第六節 山城切の位置

ダウンロード

PDF閲覧p.298-319
第七節 久松切の位置

ダウンロード

PDF閲覧p.320-342
第八節 伝藤原行成筆大字切の位置

ダウンロード

PDF閲覧p.343-353
結びにかえて、既発表論文一覧、あとがき、奥付

ダウンロード

PDF閲覧p.354-361

  • このエントリーをはてなブックマークに追加