お茶大 E-bookサービス

HOME > 著作公開について

著作公開について

お茶の水女子大学附属図書館は、本学の情報発信力をサポートし、研究・教育費成果を社会に還元するため、「お茶の水女子大学E-bookサービス」を運営しています。

お茶大E-bookサービスとは・・・

 オープンアクセスリポジトリの仕組みを利用し、本学の教職員・学生(卒業生・修了生・卒園生を含む)の研究・教育成果をE-book(電子書籍)としてインターネット上に無料公開するサービスです。原則として、誰でも自由に閲覧・印刷・ダウンロードすることができます。
希望者はオン・デマンド出版による冊子製本版をお茶の水学術事業会から有償で入手することができます。

出版できる著作物は・・・

 本学の教職員・学生(卒業生・修了生・卒園生を含む)の研究・教育成果著作物のうち、「単行本(学術専門書)に相当する形態と規模を有するもの」を対象としています。
教科書、博士論文を単行本形態に編集したものも対象です。エッセイ、よみものは当面、対象としていません。
博士論文そのもの・学術雑誌掲載論文・紀要論文・研究調査報告書などは、機関リポジトリ「お茶の水女子大学教育・研究成果コレクション:TeaPot」が掲載を受け付けています。

出版までのプロセスは・・・

  • 著作物の「概要レポート」をご準備ください。
  • 次へ
  • これに基づき、E-bookサービス運営委員会(※)で採否を審議します。(※運営委員会要項)
  • 次へ
  • 採用されると、著作者と附属図書館およびお茶の水学術事業会との間で出版契約を締結します。
    Agreement(English version)
  • 次へ
  • 著者の方に完全原稿を作成していただくことが原則ですが、状況に応じてサポートします。
  • 次へ
  • 完全原稿を受領後、1ヵ月以内にウェブに公開されます。

Q & A

  • ◆ E-bookは「出版」として認められるの?
    →ISBNを取得します。オン・デマンド出版によって、クロス製本を入手いただけます。
  • ◆ 将来的には商業出版社から出したい
    →E-book契約は「排他的・独占的」なものではありませんので、著作者は自由に著作物を利用する権限を有しています。また、いつでも書面による申し出によって契約を解除することができます。
  • ◆ パソコンが不得手なので編集に不安があります
    →特殊な編集が必要な場合は、図書館スタッフが対応を検討します。ご相談ください。
  • ◆ 計画はあるのだが、いつ仕上がるか分からない
    →エントリーをいただいたあとは、著者の希望する執筆スケジュールに配慮します。

お問い合わせ先

お茶の水女子大学附属図書館E-bookサービス担当
TEL 03-5978-5834 FAX 03-5978-5849 E-Mail

お茶大E-bookサービスに関するお問い合わせ、出版のお申込み・ご相談をお待ちしています。


ページの先頭へ戻る